書評・新刊紹介

 

種別   掲載
書評 海津正倫:沖積低地—土地条件と自然災害リスク— 古今書院,2019年11月,158ページ,B5判,定価:4,000円(税別),ISBN978-4-7722-5328-4 129(2)
新刊 西本昌司:東京「街角」地質学 イースト・プレス,2020年2月,200ページ,A5判,定価:1,800円(税別),ISBN 978-4-7816-1858-6  
新刊 矢ケ﨑典隆・加賀美雅弘・牛垣雄矢編:地誌学概論(第2版)朝倉書店,2020年2月,184ページ,B5判,定価:3,400円(税別),ISBN 978-4-254-16820-4  
新刊 小泉武栄:日本の山ができるまで―五億年の歴史から山の自然を読む- エイアンドエフ,2020年1月,216ページ,A5判,定価:2,400円(税別),ISBN 978-4-909355-16-4  
新刊 橋本 学監修,大邑潤三・加納靖之著:京都の災害をめぐる 小さ子社,2019年9月,128ページ,A5判,定価:本体1,600円(税別),ISBN 978-4-909782-03-8  
新刊 佐野弘好:基礎地質学ノート 古今書院,2019年6月,188ページ,B5判,定価:3,200円(税別),ISBN 978-4-7722-3191-6  
新刊 寅丸敦志:マグマの発泡と結晶化 火山噴火過程の基礎 東京大学出版会,2019年3月,480ページ,A5判,定価:8,400円(税別),ISBN 978-4-13-066712-8  
新刊 木村 学・宮坂省吾・亀田 純:揺れ動く大地―プレートと北海道― 北海道新聞社,2018年8月,192ページ,A5判,定価 1,800円(税別),ISBN 978-4-89453-916-7  
新刊 Yasuto ITOH and Keiji TAKEMURA: Three-Dimensional Architecture and Paleoenvironments of Osaka Bay (Advances in Geological Science) Springer, 2019, X, 119p, ISBN 978-981-13-0576-4