書評・新刊紹介

 

種別   掲載
書評 Dilek, Y., Ogawa, Y. and Okubo, Y. eds.:Characterization of Modern and Historical Seismic‒Tsunamic Events, and Their Global‒Societal Impacts. GSL Special Publications, No. 501,2021 年6 月,434 ページ,ハードカバー,A4 判 定価£170( 約26,000円),ISBN 9978-1-786-20478-3 130(5)
新刊 田中隆文:災害展示論 古今書院,2021年07月,240ページ,A5判,定価:3,960円(税込),ISBN 978-4-7722-4223-3  
新刊 堤 之恭:新版 絵でわかる日本列島の誕生 講談社,2021年5月,240ページ,A5判,定価:2,530円(税込),ISBN 978-4-06-522945-3  
新刊 石橋克彦:リニア新幹線と南海トラフ巨大地震—「超広域大震災」にどう備えるか— 集英社,2021年6月,240ページ,新書判,定価:924円(税込),ISBN 978-4-08-721171-9  
新刊 黒沼善博:地下ダムと島の環境経済学 古今書院,2021年3月,206ページ,A5判,定価:3,960円(税込),ISBN 978-4-7722-5338-3  
新刊 田林 明・菊地俊夫・西野寿章・山本 充編著:日本農業の存続・発展—地域農業の戦略 農林統計出版 ,2021年2月,410ページ,A5判,定価:5,500円(税込),ISBN 978-4-89732-435-7  
新刊 西城 潔・藤本 潔・黒木貴一・小岩直人・楮原京子:地形でとらえる環境と暮らし 古今書院,2020年9月,90ページ,A5判,定価:2,420円(税込),ISBN 978-4-7722-5336-9