書評・新刊紹介

 

種別   掲載
書評 岩田修二:統合自然地理学 東京大学出版会,2018 年5 月,280 ページ,A5 判,定価:3,800円(税別),ISBN 978-4-13-022501-4 127(5)
新刊 Yasuto ITOH and Keiji TAKEMURA: Three-Dimensional Architecture and Paleoenvironments of Osaka Bay (Advances in Geological Science) Springer, 2019, X, 119p, ISBN 978-981-13-0576-4  
新刊 安田喜憲:文明の精神―「森の民」と「家畜の民」― 古今書院,2018年10月,206ページ,四六判,定価:3,800円(税別),ISBN 978-4-7722-7146-2  
新刊 松浦茂樹:遷都と国土経営―古代から近代にいたる国土史― 古今書院,2018年9月,456ページ,A5判,定価:8,400円(税別),ISBN 978-4-7722-4206-0  
新刊 鈴木康弘・山岡耕春・寶 馨編:おだやかで恵み豊かな地球のために—地球人間圏科学入門— 古今書院,2018年6月,270ページ,四六判,定価:2,800円(税別),ISBN 978-4-7722-2026-2  
新刊 岩田修二編:実践 統合自然地理学—あたらしい地域自然のとらえ方— 古今書院,2018年7月,248ページ,A5判,定価:4,800円(税別),ISBN 978-4-7722-4207-3  
新刊 碓井照子編:「地理総合」ではじまる地理教育—持続可能な社会づくりをめざして— 古今書院,2018年7月,208ページ,A5判,定価:2,700円(税別),ISBN 978-4-7722-5317-8  
新刊 上山明博:地震学をつくった男・大森房吉―幻の地震予知と関東大震災の真実― 青土社,2018年6月,270ページ,四六判,定価:1,900円(税別),ISBN 978-4-7917-7081-6  
新刊 Hiromoto NAKAZAWA: Darwinian Evolution of Molecules: Physical and Earth-Historical Perspective of the Origin of Life (Advances in Geological Science) Springer, 2018, XIV, 143p., 109,99 €, ISBN 978-981-10-8723-3  
新刊 矢ケ﨑典隆編:移民社会アメリカの記憶と継承-移民博物館で読み解く世界の博物館アメリカ- 学文社,2018年3月,308ページ,A5判,定価:3,000円(税別),ISBN 978-4-7620-2785-7  
新刊 千木良雅弘:災害地質学ノート 近未来社,2018年5月,246ページ,A5判,定価:2,800円(税別),ISBN 978-4-906431-51-9  
新刊 大八木規夫:増補版 地すべり地形の判読法-空中写真をどう読み解くか- 近未来社,2018年5月,366ページ,A4判,定価:5,000円(税別),ISBN 978-4-906431-50-2  
新刊 Kikuchi, T. and Sugai, T. eds: Tokyo as a Global City: New Geographical Perspectives (International Perspectives in Geography) Springer, 2018, ISBN 978-981-10-7637-4  
新刊 高倉浩樹編:寒冷アジアの文化生態史 古今書院,2018年3月,130ページ,A5判,定価:3,300円(税別),ISBN 978-4-7722-5308-6