最新号

地学雑誌 2021 130巻 2号

2021 130巻 2号

東日本大震災の諸事象を,他地域や未来にも有用な記録として残す

巨大複合災害である東日本大震災の発災の象徴として,津波市街地浸水と原子力発電所事故をそれぞれ写真で示す.
 堤防を越えた津波(上):発災要因として,広範囲・大規模に押し寄せた津波が重要である.第一説明者による岩手県宮古市撮影動画分析から,閉伊川河口では,引き波で地震発生31分後に約1m水面が低下して川底の一部がみえていた.その後,押し波は,宮古湾から閉伊川を遡って水位を徐々に増加させ,地震発生37分後に3.5m高の堤防(天端高約5m (TP))を越え,当時の市庁舎周辺の市街地を浸水させはじめた.津波は,市街地にさらに流れ込み,地震発生42分過ぎに最高水位(写真中央の堤防上で約7m (TP),写真左側の建物付近で約6m (TP))に達した.(宮古市,2011年3月11日撮影)
  福島第一原子力発電所と周辺地(下):福島第一原子力発電所事故で拡散した放射性物質の有害性が継続しており,福島県の災害構造は主として津波が発災要因であった岩手県等と異なる.原発(写真上)周辺数kmには,中間貯蔵施設があり,一般市民の立ち入りが禁止されている.福島県内から運ばれた放射能汚染物質入りのフレコンバッグ(黒色,写真下)や分別施設(白い建物,写真中央)等がみえる.原発から約4km北に2020年9月開館の東日本大震災・原子力災害伝承館があり,その上空124mからドローンで写真撮影.(瀬戸真之,2021年2月8日撮影)


(説明:岩船昌起・瀬戸真之)



特集号:「ローカルな災害記録」の実態とあり方—他地域や後世にも伝える時空間情報の提示—

Overview of the Special Issue
 “Local Records of Natural Disaster Events:
 A Wealth of Spatiotemporal Information for Future Use”

Masaki IWAFUNE, Toshikazu TAMURA,
Keisuke MATSUI and Takashi TODOKORO

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(2), 143.

DOI:10.5026/jgeography.130.143

特集号「『ローカルな災害記録』の実態とあり方
 —他地域や後世にも伝える時空間情報の提示—」巻頭言

岩船昌起・田村俊和・松井圭介・戸所 隆

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(2), 147.

DOI:10.5026/jgeography.130.147

ローカルな災害記録
 —そこに書き残されていること,書き残しておきたいこと—(総説)

田村俊和・岩船昌起

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(2), 153.

DOI:10.5026/jgeography.130.153

過去の自然災害記録に見る災害アーカイブの展望
 —三陸沿岸の津波災害に関する事例を中心に—(総説)

鈴木比奈子

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(2), 177.

DOI:10.5026/jgeography.130.177

ローカルな災害記録のなかでの地形情報の役割
 —地理空間的属性に着目して—(論説)

黒木貴一

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(2), 197.

DOI:10.5026/jgeography.130.197

東日本大震災下の岩手県山田町における
 避難者行動と避難者の社会・人口的特性に関する地理学的研究
 —避難所の記録を活用した事例—(論説)

阿部 隆・磯田 弦・山科絢香

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(2), 213.

DOI:10.5026/jgeography.130.213

東日本大震災被災地における小売業の空間構造とその再編
 —岩手県下閉伊郡山田町を事例として—(論説)

駒木伸比古・岩間信之・田中耕市・
佐々木緑・池田真志・浅川達人

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(2), 239.

DOI:10.5026/jgeography.130.239

津波常襲地,三陸海岸船越半島周辺での
 集落立地・移転の記録からみた地形資源選択利用の差異(論説)

田村俊和・瀬戸真之

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(2), 261.

DOI:10.5026/jgeography.130.261

東日本大震災からの復旧・復興の進捗を広域的・地域別に把握する取組(論説)

江川暁夫・森 直子

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(2), 289.

DOI:10.5026/jgeography.130.289

原子力災害被災地における災害アーカイブズ構築のための資料収集とその課題(寄書)

瀬戸真之

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(2), 303.

DOI:10.5026/jgeography.130.303

地学ニュース

書評

  • 及川輝樹・山田久美:日本の火山に登る—火山学者が教えるおもしろさ—
     (谷 健一郎)

協会記事

  • 理事会(令和2年度第3回理事会)
  • 訂正

奥付

1 / 50 ページ