最新号

地学雑誌 2018 127巻 2号

2018 127巻 2号

北海道・支笏カルデラのカルデラ形成期と後カルデラ期の噴出物

北海道南西部にある支笏カルデラは,約4 万6000年前の大規模噴火により形成されたカルデラである.支笏カルデラ形成時には大規模なプリニー式噴火に引き続き大規模な火砕流がカルデラの四方の広範囲に流れ下り,その一部は現在の札幌市街地付近まで到達している.カルデラ形成後,支笏カルデラの内部や外縁には後カルデラ火山として恵庭岳や風不死岳,樽前山などの火山体が形成され,現在も活発な火山活動が続いている.支笏カルデラの東麓にあたる千歳・苫小牧地域には支笏カルデラからの噴出物の好露頭が点在しており,カルデラ火山の長期的な活動推移を解析する絶好のフィールドである.写真に示した露頭は支笏カルデラから南東に約20km離れた苫小牧市郊外の露頭で,カルデラ形成噴火の主要な噴出物である支笏火砕流堆積物の軽石流堆積物が露頭下部に露出している.それを覆って,樽前山からの3枚の降下軽石が堆積している.軽石層の間にみえる黒褐色の地層は埋没した土壌層で,噴火休止期の堆積物である.写真の遠景には,支笏カルデラの外輪山とその上に形成された後カルデラ火山である樽前山がみえる.

(写真:中川光弘;説明:中川光弘・下司信夫)


特集号:カルデラ噴火研究の現状と今後の課題

Overview of the Special Issue “Progress of Studies on Caldera-forming Eruptions
 and Future Problems”(英文)

Nobuo GESHI and Mitsuhiro NAKAGAWA

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(2), 103.

DOI:10.5026/jgeography.127.103

特集号「カルデラ噴火研究の現状と今後の課題」序説

下司信夫・中川光弘

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(2), 107.

DOI:10.5026/jgeography.127.107

地殻変動からマグマ溜まりを推論する(総説)

山崎 雅

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(2), 111.

DOI:10.5026/jgeography.127.111

CSAMT 比抵抗探査による北海道洞爺カルデラの地下構造の解明(英文)(論説)

後藤芳彦・檀原 徹

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(2), 139.

DOI:10.5026/jgeography.127.139

北海道屈斜路カルデラ中島火山の噴火年代
 ─中島軽石のテフロクロノロジー─(論説)

後藤芳彦・和田恵治

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(2), 157.

DOI:10.5026/jgeography.127.157

陥没カルデラの構造とその形成メカニズム(総説)

下司信夫

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(2), 175.

DOI:10.5026/jgeography.127.175

北海道南西部,洞爺火砕流堆積物の層序と岩相記載
  ─洞爺カルデラの形成過程─(英文)(論説)

後藤芳彦・鈴木一也・新谷考志・山内敦貴・
三好正晃・檀原 徹・東宮昭彦

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(2), 191.

DOI:10.5026/jgeography.127.191

支笏火山60 ka 社台噴火の噴火推移
 ─トレンチ調査およびボーリング調査による再検討─(論説)

宮坂瑞穂・中川光弘

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(2), 229.

DOI:10.5026/jgeography.127.229

支笏湖南方地域の火口近傍堆積物層序からみた
 46 ka 支笏カルデラ形成噴火推移(論説)

中川光弘・宮坂瑞穂・富島千晴・松本亜希子・長谷龍一

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(2), 247.

DOI:10.5026/jgeography.127.247

堆積物から超大規模噴火の継続時間を読みとる方法(論説)

長谷川 健・望月伸竜・大岩根 尚

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(2), 273.

DOI:10.5026/jgeography.127.273

大規模カルデラ形成噴火と活動的後カルデラ火山
 ─北海道南西部,洞爺カルデラと有珠火山の地質概説および露頭紹介─(寄書)

長谷川 健・松本亜希子・東宮昭彦・中川光弘

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(2), 289.

DOI:10.5026/jgeography.127.289

訂正

訂正:上町断層帯の最新活動と河内平野の地形環境変化 [地学雑誌 Vol. 124 (2015) , No. 4, p.607-631]

杉戸信彦・近藤久雄

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(2), 303.

DOI:10.5026/jgeography.127.303

地学ニュース

書評

  • 吉田英嗣:はじめての自然地理学(藁谷哲也)
  • 山川修二・常盤勝美・渡来 靖編:気候変動の事典(山口隆子)
  • 荒木一視・岩間信之・楮原京子・熊谷美香・田中耕市・中村 努・松多信尚:
     救援物資輸送の地理学 被災地へのルートを確保せよ(岩船昌起)
  • 新刊紹介

ニュース

  • 第306回 地学クラブ講演会のお知らせ
  • 伊能忠敬没後200年・測量の日記念講演会のお知らせ
  • 平成30年度春季講演会のお知らせ「地球科学情報の多様な表現方法」

協会記事

  • 理事会(平成29年度第6回理事会)
  • 訃報

奥付

1 / 32 ページ