最新号

地学雑誌 2018 127巻 5号

2018 127巻 5号

スタグナントリッドからプレートテクトニクスへ

表紙は, 地球誕生後からはじめの約6億年間における層状構造の進化のようすを示した模式図である.4.55Gaにドライな地球が誕生したあと, 4.53Gaまでにマントルは固化し層状構造を形成した.この時はスタグナントリッドテクトニクスが機能していた.4.37–4.20GaにABEL爆撃が起き, ドライな地球に大気・海洋成分が二次的に付加された.巨大隕石の衝突によって, スタグナントリッドは破壊され,プレートテクトニクスへと移行した.そして, 構造侵食によって原初大陸はマントル深部へと運ばれ, 密度のもっとも高いKREEP I 玄武岩は4.0Ga頃までにほぼすべてがコア–マントル境界へ崩落した.コア直上に蓄積したKREEP I 玄武岩は放射性元素を多量に含むために自己発熱し, プルームを形成した(Maruyama et al., 2018).

(丸山茂徳)

文 献
Maruyama, S., Santosh, M. and Azuma, S. (2018): Initiation of plate tectonics in the Hadean: Eclogitization triggered by the ABEL Bombardment. Geoscience Frontiers, 9, 1033–1048.


特集号:冥王代の世界(Part I)─ハビタブルトリニティ惑星の誕生─

Overview of the Special Issue
 “The Hadean World (Part I): The Birth of a Habitable Trinity Planet”(英文)

Shigenori MARUYAMA, Ken KUROKAWA and Yukio ISOZAKI

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(5), 569.

DOI:10.5026/jgeography.127.569

特集号「冥王代の世界(Part I)─ハビタブルトリニティ惑星の誕生─」巻頭言

丸山茂徳・黒川 顕・磯﨑行雄

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(5), 573.

DOI:10.5026/jgeography.127.573

タンデム惑星形成理論(論説)

戎崎俊一

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(5), 577.

DOI:10.5026/jgeography.127.577

ハビタブルトリニティモデルと太陽系におけるハビタブルプラネットの存否(論説)

ジェームズ・ドーム・丸山茂徳

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(5), 609.

DOI:10.5026/jgeography.127.609

月の地震波トモグラフィーと初期地球(論説)

趙 大鵬・丸山茂徳・磯﨑行雄

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(5), 619.

DOI:10.5026/jgeography.127.619

外核の化学組成(総説)

市川浩樹・土屋卓久

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(5), 631.

DOI:10.5026/jgeography.127.631

ドライな還元地球の誕生と大気海洋成分の二次的付加で説明されるABELモデルと,
 生命惑星誕生におけるABEL爆撃の重要性(総説)

丸山茂徳・戎崎俊一・丹下慶範

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(5), 647.

DOI:10.5026/jgeography.127.647

カナダ,ラブラドル・ヌリアック表成岩類の地質と年代
 ─地球最古の表成岩とプレートテクトニクスの証拠─(総説)

小宮 剛・青木翔吾・吉田 聡

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(5), 683.

DOI:10.5026/jgeography.127.683

地球史を通じた大陸の成長パターンとその変遷(総説)

沢田 輝・磯﨑行雄・丸山茂徳

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(5), 705.

DOI:10.5026/jgeography.127.705

冥王代ジルコンの探索─年代分析過程の迅速化─(総説)

堤 之恭・沢田 輝・磯﨑行雄

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2018, 127(5), 723.

DOI:10.5026/jgeography.127.723

地学ニュース

諸報告

  • 平成29年度東京地学協会海外見学会「英国ジオツアー」報告
     八島邦夫・矢島道子

書評

  • 岩田修二:統合自然地理学(藁谷哲也)

ニュース

  • 第308回地学クラブ講演会のお知らせ

協会記事

  • 理事会(平成30年度第2回理事会)

会告

  • 平成31年度普及・啓発活動(出版)助成金交付申請の受付について

奥付

1 / 35 ページ