最新号

地学雑誌 2021 130巻 4号

2021 130巻 4号

オマーン国ワディ・タイン岩体のワディ・ジーブ中流域におけるオフィオライト掘削—採取された超苦鉄質岩ダナイトのコア試料(過去の地殻・マントル境界であったモホロビチッチ地震波不連続面の一部に相当)と掘削サイトの様子—

国際陸上科学掘削計画のもとオマーンオフィオライト掘削が2016‒2018年に実施された.日本の研究者チームが主導して,1億年以上前の海洋底を形成していた海洋地殻・マントル境界を貫く掘削を進めた.その結果,ハンレイ岩層(海洋地殻最下部)からハルツバージャイト層(マントル最上部)へ至る連続コア試料の採取に成功し,地殻・マントル境界部の新鮮なコア試料(左)を入手した.肉眼でも確認できる光沢ある粒子の多くは,もともと中央海嶺下でカンラン石だった結晶が,二次的変質により蛇紋石化したものである.右:写真中央の掘削装置を現地にもち込み,最大で400m長のコア試料を2本の掘削孔から採取した.また,掘削孔内の物性測定のために,2か所のロータリー掘削も行った.採取したコア試料には,海洋地殻最下部を構成していたハンレイ岩層からモホ遷移帯を貫き,マントル最上部を構成していたハルツバージャイト層が含まれる.今回の過去の地殻・マントル境界を貫く掘削は,現在進めている海洋底でのマントル掘削を目指す上での重要なマイルストーンとなった.


(高澤栄一・小野重明)



特集号:ハードロック掘削科学—マントル掘削への挑戦—

Overview of the Special Issue
 “Hard-rock Drilling Science: Challenges of Mantle Drilling”

Shigeaki ONO

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(4), 453.

DOI:10.5026/jgeography.130.453

特集号「ハードロック掘削科学—マントル掘削への挑戦—」巻頭言

小野重明

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(4), 457.

DOI:10.5026/jgeography.130.457

深海掘削計画における基盤岩掘削科学の貴種流離譚(総説)

道林克禎

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(4), 461.

DOI:10.5026/jgeography.130.461

マントル掘削でのみ解明される地球科学問題
 —生命惑星海洋プレートの今を理解する—(総説)

森下知晃・藤江 剛・平内健一・片山郁夫・
纐纈佑衣・黒田潤一郎・岡本 敦・小野重明・
道林克禎・諸野祐樹・山本伸次

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(4), 483.

DOI:10.5026/jgeography.130.483

ICDP Oman Drilling Project の成果と今後の展望(総説)

高澤栄一

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(4), 507.

DOI:10.5026/jgeography.130.507

伊豆小笠原弧研究におけるハードロック掘削の貢献(総説)

石塚 治

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(4), 527.

DOI:10.5026/jgeography.130.527

ゴジラメガムリオン掘削から明らかにする
 背弧海盆海洋下部地殻と上部マントルの組成と構造(総説)

小原泰彦

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(4), 543.

DOI:10.5026/jgeography.130.543

超オントンジャワ仮説の検証—地球最大の超巨大火山—(総説)

佐野貴司・テハダ マリア ルイサ・中西正男・
羽生 毅・三浦誠一・末次大輔・利根川貴志・
石川 晃・清水健二・淸水祥伽

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(4), 559.

DOI:10.5026/jgeography.130.559

海惑星の将来を考える—マントル掘削の意義—(論説)

巽 好幸・末永伸明・吉岡祥一・金子克哉

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(4), 585.

DOI:10.5026/jgeography.130.585

ハワイ沖上部地殻掘削から海洋プレートの形成過程に迫る(論説)

海野 進・草野有紀

Journal of Geography (Chigaku Zasshi), 2021, 130(4), 599.

DOI:10.5026/jgeography.130.599

地学ニュース

回顧録No.14

  • 戦時下の東大地質学教室で私が学んだこと
       杉村 新

書評

  • Geo Tec 研究会編:地質・地盤系実務者のための探査・調査法ガイド
     —計画から発注・調査まで—(尾西恭亮)
  • Kiyonori KANASAKA: Unbeaten Tracks in Japan, Revisiting Isabella Bird:
     New Abridged Edition with Notes and Commentaries
    (平野淳平)

紙碑

  • 名誉会員 嶋﨑吉彦氏のご逝去を悼む

協会記事

  • 理事会(令和2年度第5回理事会)

奥付

1 / 52 ページ